『Berryzマンション9階』に住みたい

Berryz工房『Berryzマンション9階』

Berryzマンション9階(初回生産限定盤)

このジャケットどうなんだ?と思ってみたものの、何でもアリのこのグループだし、一周廻ってこれはこれでありなのかもと思ってしまった、完全に感覚が麻痺してます、ハイ。

全員歌唱がシングル楽曲抜かすと殆どないんですよね。そういう意味ではファン向けでハロならではなんだけど、、、と思いつつ、1曲1曲のクオリティは高いし、それを歌うメンバーの人選もいかにもって感じで、楽曲のバリエーションに富んでいる。なんだかんだつんく氏色々考えてるんだなぁなんて改めて思いました。
前作同様5曲ずつA/B面別れている感じで、M5でA面がしっとり終わって、M6でB面仕切り直し。10曲少ないと感じるかもだけど、近年の他アーティストアルバムが長過ぎる。80年代のように10曲46分くらいがアルバム通して聴く分には丁度いいよ。

中でも『恋 いとしき季節』という楽曲が凄過ぎて。譜割りと言葉の置き方が絶妙。本来ならCメロやブリッジに持ってきそうなメロをサビとして使う斬新さ。A・Bメロとは真反対の和旋律の美メロをサビとして持ってくるというね。白玉棒メロに合わせた抜き気味な歌唱も良い感じ。このメロが本当に美しい。歌うのキツそうだなライブ大変だな。
夏焼・菅谷・清水っていう人選もハマってる。清水佐紀さんの歌って正確ですよね、鼻声気味のクセのある歌声だから好み別れそうだけどリズムと音符の長さが譜面に忠実なんですよね、歌の上手い人って、気持ちよさで語尾を伸ばし過ぎたりするから。そういうのがない。表現力やテクニックとは違うところ。

それにしてもここ最近のベリ楽曲ってかなりレベル上がってますね、すんなり歌えなさそうな難易度高い楽曲増えたきた。
デビュー曲『あなたなしでは生きて行けない』2013年Ver.ね、こういうのが聴きたかったんですよ、変なリアレンジとか必要なかったわけで。バンドだとライブ一回一回で演奏も変わるだろうし、アレンジが変わってしまうのも致し方ない部分があるんだけど、アイドルはオケですから。何年経とうといつでもどこでのライブでも同じオケなんですから、だから変にアレンジ変えられると戸惑う。

Berryz工房「あなたなしでは生きてゆけない」 (MV)

それにしても改めて聴くと、デビュー当時からこんなとんでもない楽曲歌ってた本人たちも凄いけどやらせたつんく氏が凄い。

Berryz工房 『WANT!』 (MV)

こんなに大きくなりました。

Berryz工房
WEBSITE
Berryzマンション9階
Berryz工房
アップフロントワークス
Release: 2013/01/30

Amazon iTunes

この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい