FEATHERS「ウツクシンセポップギャルバン」


Anastasia Dimou (singer/songwriter/programmer), Courtney Voss (bass), Kathleen Carmichael (keys), Destiny Montague, Alex Gehring (alternating on guitar)

ネット徘徊してたら、たまたま見つけて「うぉーーーーー」ってなった。
USテキサス州オースティンのシンセポップバンド、FEATHERS(フェザース)
イギリスで今ジワジワと注目を集めているらしい。

ギターは Destiny Montague (Midnight Masses, Carl Sagan) と、あのアレックスタソ(Alex Gehring:Ringo Deathstarr)が持ち回りでサポートしている。Ringo Deathstarrって、日本ではそこそこ知名度あるけど(バンドというか、ほとんどアレックスタソ人気)、それに比べると海外だとあまり知られてないんだよね。

Land of the Innocent – FEATHERS

サウンドもMVもなんだこのハイセンスなクオリティは。アート作品というべきか、テキサスの砂漠で撮られたビデオ、美しすぎるだろー。
浮遊感と不気味さが共存していて流麗な美メロ、そしてメンバー全員美しい(これ重要

FEATHERS “Soft”

MV含めてファッション雑誌みたいだな、なんて思っていたら、メンバーさん、モデル業もやってるらしい。
これとかカッコよすぎて鼻血出た。
キーボーディストのKathleen Carmichaelさんです。

 >> Laced With Romance x Rima Hyena Jewelry

うつくしー かっけー

FEATHERS
FACEBOOK TWITTER

VocalのAnastasia Dimou(アナスタシアって言う名前がゾクゾクするよね)が以前組んでいたバンド、Cruel Black Dove

Cruel Black Dove “Love Song”

無機質で淡々としたサウンド、クールだけど熱さを感じるヴォーカルのオルタナロック、カッコいい

FEATHERSがジャンルは違えど、Velvet Two Stripesと共演したというのも何か納得した。
5月28日に1stアルバム『If All Now Here』がリリース。

何か殆ど「美しい」「カッコイイ」しか言ってないけど、美しくてカッコイイバンドなんだからしょうがない。

If All Now Here
Feathers
Nyx
Release: 2013/05/27

Amazon iTunes

この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい