美ハーモニーを聴かせる女性デュオ・ツインヴォーカル特集


方向性の違いにより、昨年11月にツアー途中でキャンセルをしながら解散をした The Civil Wars(シヴィル・ウォーズ)なんですが、この度復活しました。早いよ。

詳しいことは解りませんが、どうせ男女間がこじれたのが解散の原因とは思いつつ(解散後、Joyは妊娠したらしい)、素晴らしい歌がまた聴けるのだからまぁ、良いか。取り合えず、ニューアルバムがリリース。

The Civil Wars – Inside Same Old Same Old

アコースティック色が強かった前作と比べれて今回はルーツミュージックを主体とした凝ったアレンジの印象。とは言ってもこの二人のハーモニーは素晴らし過ぎる。

The Civil Wars – Billie Jean (Live)

取り合えず、今回アルバムはリリースしたものの、今後の活動はまだ未定な部分が多いのでどうなるか解りませんが、またこんな仲むつまじい二人の歌声を聴きたいものです。とは言え、我々は聴けるのはネット上が主になりますが。

The Civil Wars
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
The Civil Wars
The Civil Wars
Sony Music
Release: 2013/08/06

Amazon iTunes

というわけで、今回は素晴らしいハーモニーを聴かせるデュオ、ツインヴォーカル特集。過去に紹介したアーティストも含みますが、今までとは別のセッション動画を。

●●●



Smoke Fairies

ウチでは最多出場かもしれません。好きなんだから仕方ないじゃないか。イギリスのミニスカート美脚がトレードマークの美少女二人組、Smoke Fairies(スモーク・フェアリーズ)

もうこの二人のギターテクの絡み、ハーモニーは申し分ない。ギターケースに美脚をかけたり、スライドバーを投げ捨てるところとか、完全に確信犯ですよ、ハイ。

Geocachers: Smoke Fairies play “Erie Lakawanna”

彼女たちのセッションでFender MINI 57 TWINの登場回数大杉だろ。ハイ、その影響で買いました。イイ音します。

Smoke Fairies
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
Blood Speaks
Smoke Fairies
V2 Int’l
Release: 2012/05/18

Amazon iTunes

●●●

First Aid Kit

スウェーデン、ストックホルムの、姉妹フォークデュオ、First Aid Kit(ファースト・エイド・キット)

もう、この子たちはすばらしいとしか言いようがないよね、ちょっとかすれた声がたまらん。朝の小鳥のさえずりをマッチして素晴らしいセッション。

First Aid Kit
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
Lion’s Roar
First Aid Kit
Wichita Recordings
Release: 2012/01/24

Amazon iTunes

●●●

The Shook Twins

USアイダホ、サンドポイントのアートフォーデュオ、Shook Twins(シュック・ツインズ)

カントリーフォークを基調としたがらも、バンジョーにガンガンエフェクトかけるわ、ループサンプラー酷使したり、受話器を改造したラジオヴォイスマイクを使ったり、ルーツミュージックながらも独自の演奏方法で実験、前衛さを垣間見ることの出来る魅力的なデュオ。

“What We Do” Shook Twins

大きい卵のオリジナル楽器がトレードマークです。

このおねーさんたち、こういう風貌でこういう音楽なのに、“Parental Advisory”(ペアレンタル・アドヴァイザリー)表記があります。パンクバンドなんかについてる未成年に不適切な歌詞が含まれるCDについてるアレね。

Window
Shook Twins
CD Baby
Release: 2012/07/19

Amazon iTunes

●●●

Court Yard Hounds

アメリカでは国民的人気を誇るバンド、Dixie Chicks(ディキシー・ティックス)のEmily Robison(エミリー・ロビソン)とMartie Maguire(マーティ・マグワイア)の姉妹ユニット、Court Yard Hounds(コート・ヤード・ハウンズ)

安定感抜群の歌と演奏、まさにアメリカン・カントリー・フォークの神髄。

Court Yard Hounds
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
Amelita
Court Yard Hounds
Sony Music
Release: 2013/07/16

Amazon

●●●

Lucius

ザ・ピーナッツ的といいましょうか、Jess Wolfe、Holly Laessigという二人の女性ヴォーカルを擁するイギリスのバンド、Lucius(ルシウス)

どこか懐かしい日本の歌謡曲っぽいところもあったりと親しみ易い楽曲と、二人のハーモニー、そしてアナログ感満載のチープっぽさたっぷりのアレンジがたまらないのです。

Backyard Brunch Sessions presents Lucius – “Wildewoman”

Man In My Radio – Lucius – Pocket Show

ホントに楽曲が多彩で引き出しが多くて聴けば聴くほど魅力的すぎるバンドです。
10月に待望のアルバムがリリース。オフィシャルサイトから1曲DLできます。

Wildewoman
Lucius
Mom & Pop Music
Release: 2013/10/15

Amazon

●●●

The Sundowners

最後はガチガチのバンドサウンドでシメます。最近見つけたバンド、イギリスのThe Sundowners(サンドウナーズ)

ソウルフルな男前過ぎるヴォーカル、リッケンバッカー2人居るバンドなんてカッコよくないわけがない。ネック立てない並行持ち(長渕持ちともいう)もイイネ!

The Sundowners Shifting Sands

まだ音源はない模様です

The Sundowners
WEBSITE FACEBOOK TWITTER

この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい