男装の麗人!貴婦人!『ROCKエロティック』の破壊力が凄まじい

とんでもないのがキター!
Berryz工房10月2日発売の両A面シングルから『ROCKエロティック』

Berryz工房 『ROCKエロティック』

なんだこれ!男装の麗人+貴婦人、夜の蝶!ゴシック満載の宝塚チックな!こういうの待ってたんだおれは。

熊井ちゃんがイケメンすぎるとか、夏焼さんが美しすぎるとか、菅谷さんが、妖艶すぎるとか、清水キャプテンがエロすg、みたいな……、見どころ満載すぎて、妄想含め(腐女子要素含め)いくらでも書けるんだけどキリがないのでやめておきます。

男役も女役もみんな美しいなー。仕草や所作含め大人のエロス、エロというのは単純に肌の露出や露骨なアプローチだけじゃないんだぞという。この意味解らない貫録含め、Berryz工房でしか成立しない。

見れば見るほど素晴らしい出来。楽曲はつんくPの泥臭いアニソン的シンプルなメロディにデジロック風味で。Berryzのタイトな歌声にはこういう曲合うよなぁ。

オープニングのスモークから浮かびあがる黒のロングコート、「どこのBUCK-TICKだよ!」なんていうコメントも見かけたのですが、ホント、jealkbじゃないけど、そっち方向に攻めてみて欲しい。cali≠gariと対バンしねぇかなぁ(しつこい
ヅカヲタもバンギャもジャニヲタも百合好き・腐女子も(ヲイ)ホイホイMVだよ。

ハロプロネタはJuice=Juiceのメジャーデビュー盤が大変素晴らしいとか、℃-uteの武道館とか、ゲキハロ『我らジャンヌ』とか、そもそも最近のモーニング娘。を始めとする手のひらを返したようなメディア・業界人のハロプロ再評価はなんなんだ、みたいなことだとか、なんとなくネタは色々あったのだけど、とりあえずそれを差し置いて興奮のあまり。『cha cha SING』『Loving you Too much』に続く鬼リピートMVでしたので。

もっとずっと一緒に居たかった/ROCKエロティック
Berryz工房
Up Front Works
Release: 2013/10/02

Amazon

この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい