すてきセッション2013厳選集 Part 2【バンド篇】

すてきセッション2013年厳選集第2段はバンドものです。

●●●

Korn “Falling Away From Me” Guitar Center Sessions on DIRECTV

泣く子も黙るKorn様の登場だ!
TwitterやFacebookなどを早くからフル活用しているバンドで、YouTubeにもツアードキュメントなどの動画を上げてるけど、こういうスタジオライブは久々の気がする。
ヒップホップは言わずもがな、EDMやダブステップをかなり早い段階でロックに取り入れてる前衛的すぎるわけですが、マンキーが復帰してから良い意味で原点回帰と遊び心が増してますね。
様々な側面から〈重鎮〉溢れる圧巻のセッション。

●●●

Fang Island “StarQuest” Live – Sideshow Alley

おっさん2人で路上でエフェクトペダル並べて何始めるのかと思ったら一糸乱れぬ鬼キザミ。
Fang Island(ファング・アイランド)はブルックリンのバンドでギター3本編成、フランク・ザッパがメタルをやったらという、奇想天外なフレーズ炸裂のプログレチックなメタル、ヴォーカルはメンバー5人全員で牧歌的でもあったり。

●●●

Weekend Affair “I Walk Alone” : Converse Avant Poste

フランスからゴキゲンなシンセポップオヤジ2人組、Weekend Affair(ウィークエンド・アフェア)
〈週末業務〉というユニット名の通り、普段はお堅い仕事をしているオッサンが週末ヒロインならぬ、週末テクノ。だからスーツやネクタイがディフォ。
80sテクノってやっぱりこうでなくちゃね、全然スタイリッシュじゃなくてちょっとアフォでキモいくらいが丁度良い。昨今のEDMはよく解らない一風堂で目覚めたオッサンたちもホイホイ。

Weekend Affair
BANDCAMP FACEBOOK TWITTER
●●●

Sarah W_ Papsun : At The Disco + DVNO (Justice Cover) + Hey Hey | LAME DE SON #5

こちらもフランス、シンセロックバンド、Sarah W_ Papsun
普段は壮大なシンセサウンドと奇抜な照明が売りの彼ら。でもこういうシンプルな編成アレンジでもやっちゃうノリの良さ。しかもハイクオリティでしっかり聴かせる。
日本の打ち込み系アーティストがこういうこと出来るかというと、なんとも言えないよね。

Sarah W_ Papsun
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
●●●

Le Diference – Atormentado || Back To Basics

メキシコから陽気な5人組、Le Diference(ル・ディファレンス?”f”が1個ないのがデフォ)
このイントロギターリフで「お!」オルガンが絡んで「キタキタ!」ってちょっと脱力な歌もグー。

●●●

Vintage Trouble – “Blues Hand Me Down” Billboard Tastemakers Session

LAのVintage Trouble(ヴィンテージ・トラブル)
もう、この人たちはどこで演奏しようが文句ナシ、硬派でソウルでロック全快。圧巻です。

Vintage Trouble
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
●●●

No BS! Brass Band Crashes Forbes

USで最近ジワジワ人気が出ているブラス11人組。
ツェッペリンがファンクなブラスをやったら?というテーマのバンドらしい。
いつでもどこでも吹く!吹く!吹く!

No BS! Brass Band
WEBSITE TWITTER
●●●

Phoenix – Entertainment | A Take Away Show

説明不要、フランスのPhoenix(フェニックス)
ヴェルサイユ出身ということで、ヴェルサイユ宮殿でのセッション。
もう、これ凄いね、シチュエーションといい、カメラワークといい、演奏(アレンジ)といい、そこまでお金掛けなくともこんな映像撮れるんだという、発想と企画の勝利。
まさに海外における「海外の一風変わったセッション動画」というこのシリーズにふさわしい映像です。

●●●

Sigur Rós “Hrafntinna” : Converse EMPTY SPACE #4

最後は、Sigur Rós(シガーロス)
何も言いません、じっくり見て聴いて。


この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい