小さい秋が見つけられそうな“やさしい歌”セッション7選


徐々に涼しくなってきた昨今ですが、ちょっとまったりとアコースティックセッションの「いい歌」でも聴きましょうか。

●●●

Catfish – Make Me Crazy

フランス・パリ出身のオルタナロックデュオ、Catfish(キャットフィッシュ)

Amandine Guinchardのクラシカルだかなんだか掴みどころのないビブラートヴォーカルが特徴的。ドラムレスのギター弾きながらバスドラを踏むという、ルーツミュージックに見られるワンマンバンドスタイルとベース&ボーカルで活動してます。
シンプルながらも“変わったことやってる、タダものではない感じ”がとてもすてきなデュオです。

●●●

Siri Nilsen – Alle Snakker Sant

ノルウェー・オスロ出身の26歳、Siri Nilsen(シリ・ニルセン?)

ウクレレ弾き語りを中心とした優しい歌声のシンガー・ソングライター。北欧的と云えるのかどうか解りませんが、US/UKではない譜割とメロディが何とも言えない不思議感覚。シチュエーション含めてもの凄くかわいらしいセッション映像です。

●●●

Marble Sounds – No One Ever Gave Us The Right (The Village Sessions)

Marble Sounds(マーブル・サウンズ)は、ベルギー出身の5人組。

曲良し!声良し!サウンド良し!洋楽インディーポップファンのみなさん、これは注目しておくべきじゃないでしょうか。
男女ヴォーカルの混ざり具合、ピアノとアコギの音色、効果的なグロッケンシュピール、主張しすぎないユーフォニアムがたまらん!超良セッションです。

Marble Sounds
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
●●●

Gemma Ray – Desoto

ドイツ・ベルリンの女性シンガー・ソングライター、Gemma Ray(ジェマ・レイ)

太くも儚げで少し古めかしいソウルを感じる良い声。

●●●

Broken Twin – River Raining – CARDINAL SESSIONS

こちらはデンマークの24歳、女性シンガー・ソングライター、Majke Voss Rommeの ソロ・ユニット、Broken Twin(ブロークン・ツイン)

年齢にはそぐわない貫録、余裕、声、、、心掴まれます…
Guild Starfireを弾いてる女性なんてただものじゃないに決まってるだろ!

Broken Twin
WEBSITE FACEBOOK
●●●

ONE ON ONE: Smoke Fairies September 4th, 2014 City Winery New York Full Set

このシリーズでは欠かせない、ウチではすっかりお馴染、英国女子ミニスカ二人組、Smoke Fairies(スモーク・フェアリーズ)のふとももの気になる新作セッションです。

このお二人は非の打ち所がないっす。いつも通りの安心感で、特に目新しいことはありませんがさすがっす。美脚含めてすばらしいっす。

Smoke Fairies
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
●●●

Little Green Cars – The John Wayne I A Lumia Live Session

最後はアイルランド・ダブリンの5人組、Little Green Cars(リトル・グリーン・カーズ)

なんだこれ、ここに混ざりたい!“多幸感”という言葉は最近ちょっと間違った方向に使われがちですが、これが本当の意味での多幸感じゃないでしょうか。歌って素晴らしいですね、音楽って素晴らしいよね!と大声で言いたくなる映像です。

Little Green Cars
WEBSITE FACEBOOK TWITTER
Absolute Zero
Little Green Cars
Glassnote
Release: 2015/03/26

Amazon


この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい