美しきサタン “英国暗黒女王” DARK HORSES

英国暗黒女王 Lisa Elle(リサ・エル)擁する、Dark Horses(ダーク・ホーセス)のニュービデオが公開。ヨーロッパツアーに併せて制作されたもの。

DARK HORSES – SATURN RETURNS

なんか、ヤバイな。感想を言葉で表現するのは難しいけど、すばらしい映像作品であることは。
オフィシャルの文言を要約すると、「サタンの制限と死を表す、Dark Horsesのから透過型干渉フィルター。カバラ(ヘブライ神秘哲学)の豊かで象徴的な再生… 」とうんちゃらかんたら、 …まぁ厨二ですな。

アメリカの映画監督、ケネス・アンガー(Kenneth Anger)の作品を意識しているようで。神秘主義、悪魔主義を主題とする実験映画と呼ばれる精神世界を模写したジャンルの人。簡単にいえば、アングラでヤバイ人。『Lucifer Rising』(ルシファー・ライジング 1973年)が有名。

私、このDark Horsesが大好きで、ちょくちょく紹介してますが、ちゃんと触れたことなかったので。日本では完全に無名だし、イギリス、ヨーロッパでもそこまで知られていないバンドです。露出少なめだし。

DARK HORSES – RADIO

なんと言っても、ヴォーカル・Lisa Elle(リサ・エル)のルックスにひと際目が行き、孤高のカリスマオーラにはひれ伏すしかないだろう。魔性というか、まさに“サタン”がよく似合う。暗い声ながらもくっきりと抜けるヴォーカルは心地よく、催眠ファズ・ギターでシューゲイズ、オルガンを中心とした心地よい電子音にサイケデリックでマジェスティックで神秘的。

DARK HORSES – LIVE ON HUNGER

メンバーは、LISA ELLE (harmonica, vox)、BOBBY WATERSON (organ, synths)、ANASTASIA ZIO (electric bass guitar)、DAVID W (electric guitar)、STEVIE INGHAM (the drums)、TOMMY CHAIN (percussion)、ALI TOLLERVEY (camera) という7人組。オルガンとパーカッションメンバーがいるくらいで別段変わった編成でもなく、、、ん? (camera) …? そう、このバンドにはカメラマンがメンバーとして関わっているのが特徴である。ALI TOLLERVEY は (Instrument: Camera) としてクレジットされている。

一環として色彩がないミュージックビデオにお気付きだろうか。ビデオのみならず、バンドにまつわるアートワークはALIによるもので、奇抜な黒と白のコンラストを基調とし、バンドの色として視覚的な美学を築いている。それを象徴するかのようなエジプトの太陽王、ホルスの目(ウアジェの目、プロビデンスの目)を模したバンドロゴ。

かなり、独創的な世界を持ったバンドであるが、作り込んでいるのは音楽も同様である。KASABIAN、A Place To Bury Strangers、Black Rebel Motorcycle Clubとツアーを周り、その存在を知らしめ、デビューアルバム『Black Music』で英国を代表するサイケデリック・ロックデュオ、Death in Vegas(デス・イン・ヴェガス)のRichard Fearless(リチャード・フィアレス)をプロデューサーに迎え、その独自の音楽を色濃く打ちだした。

DARK HORSES – ALONE

最後はラテックス、レザーフェチホイホイのクソエロイやつ。

ベースのANASTASIAも美人さんなんですよね、黒髪のエキゾチック美人。

DARK HORSES
FACEBOOK TWITTER
Black music
Dark Horses
Last Gang Records
Release: 2012/10/26

Amazon


この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい