歌のうまいキレイなおねぇさんは無敵

先日は愛乙女☆DOLLのライブへ。お目当てはゲスト出演の八坂沙織さんだったんですけどね。愛乙女☆DOLLは結成当初くらいに観たことあったはず、、、 ……というレベルだったわけだけど。そんな観た印象すらよく覚えていない人間が『愛迫みゆバースデーライブ』という特別感満載のものを観に行っていいのか悩んだわけだが、八坂さんも「みんな来て」とおっしゃってたのと、事前に配信された愛迫&八坂両名のカラオケにて、「愛乙女☆DOLLの子って、こんな歌えるのかっ!」とカウンターパンチくらってしまったもので。やっぱり、Doll☆Elementsの印象が強くて、ああいうキラキラしたアイドルグループだと思ってた。だから愛迫さんみたいなソウルフルに歌い上げるタイプの子がいたのが意外だった。

「エモかった」ライブ

アイドルもバンドも、ライブがいいグループは楽曲知らなくとも楽しめるもので、この日もあえて予習はせずに行った。実際に観た愛乙女☆DOLLは予想以上に良かった。お客さんとの距離感を保ちつつもアイドルらしいメジャー感がちゃんとある。楽曲も結構複雑なメロだったりアレンジだったり、要所要所に斬新なサウンドメイクも盛り込んであって楽しい。ステージング自体も高度な技術で踊りまくるわけではないんだけど、きちんと統制がとれており、みんなキビキビしていて演舞としての完成度は高い。

愛乙女☆DOLL/BRAVER(MV)

アイドルのワンマンライブの場合、暖かい心がなければ中だるみを感じてしまったりすることも珍しくはないのだが、そんなことを一切感じずに最後まで普通に楽しめました。「可愛かった」というより予想外に「エモかった」と感じたライブ。演舞と表現したけど、それは全体像の話で、個々を見るとそれぞれのポテンシャルを感じられて、熱量がビシビシと伝わってきた。一人だけなんか違う光を放っていた子がいた。眩しいくらいのピュアさを振りまきつつ、メンバーの中では一番キレッキレな動きを見せていた。終わってから調べてみると、どうやら一番新しいメンバーで、地方アイドル出身らしい。安藤笑、覚えておこう。

歌のうまいキレイなりーぬさま

お目当ての八坂さんなんですけど、凛とした舞台女優の顔とは違い、素の表情とでもいうかのびのび楽しんでいる感が印象的でした。先日まで高貴な吸血鬼やら女帝神様やら2次元キャラを演じる姿を観たばかりだから余計にそれを感じました。久々のアイドルライブ出演ということで、アタマは探り探りのところもあったり、気になったところもあったけど、いつの間にかグイグイ引きずり込まれた。愛迫さんとの声の相性もバッチリだし、、、というか合わせに行ってますよね。

後日、一人カラオケの配信もしてましたけど。この方のミュージカル仕込みのビブラートは凄まじいので、女性版・藤澤ノリマサのロックオペラから、Within Temptationあたりのシンフォニックメタルまでこなせるヴォーカリストだと思う。むしろ、やってくださいお願いします、という願望込みで。今年3月に見た『サオメロ3』のときはある意味“赴くまま”のところもあったり、生バンドで歌うロックな荒削り感もすごくカッコよかったんだけど、それよりも明らかに上手くなってるし安定感増してた。とにかく来年2月12日の『サオメロ4』が楽しみで仕方ない。選曲ももちろんだけどアレンジとバンド編成次第でもいくらでも印象が変わるボーカリストだとも思うし。ヴァイオリン入れた編成とのだからやはりここはシンフォニックメタルをだな、、、せめて、X JAPANとか(願望)。

そんなDIVA感があるのに、押し付けがましくないのも魅力だと思う、それは舞台観ていても感じる。どこか涼やかな透明感と神秘的な透明感とでもいいましょうか、このへんは人間性が現れている部分なのかなとも思っています。歌声も台詞もスッと耳に入ってくる美声。

SUPER☆GiRLS時代しか知らない人はびっくりするだろうし、声量や技術で歌い上げるというよりは、周りの空気を震わせるしばじゅん(柴田淳)スタイルでもあるので、AKGヘッドフォンやらビクターのウッドコーンあたりが好きな“Female Vocal”好きにも勧めたい歌声。みんな『サオメロ4』に行けばいいと思うよ。

この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい