Manu Delago & Sam Maher 〜謎の円盤楽器“ハンドパン”が奏でる魅惑の音色

“HandPan”(ハンドパン)という楽器を知っているだろうか。
見た目は怪しげなUFOのようで、その音色は実に魅惑的。

ハンドパン(handpan)は楽器の一つである。鉄を主成分とする金属製の体鳴楽器であり、2000年にスイスのPanArt社が開発したハング(Hang)および、それに似た形状に作られた楽器の一群の総称である。
 ── https://ja.wikipedia.org/wiki/ハンドパン

ビョークが惚れ込み、ツアーメンバーに抜擢された Manu Delago(マヌ・デラーゴ)によって注目されることになった楽器でもある。

Manu Delago – Silver Kobalt (trailer)

ただ、マヌはハンドパンではなく、“バング奏者”と紹介されており、その呼称は各メーカーの主張もあるようで、かなり近年に作られた楽器ならではといったところ。

そんな新しい楽器にまた新たな奏者が現れ、今注目を浴びている。
オーストラリアの Sam Maher である。

聴いていると不思議と心安らぐ。ぜひ、爆音スピーカー or ヘッドフォンで聴いてほしい

マヌがさまざまなシンガーやアーティストとのコラボレーションで独特の世界観を作り上げているのに対し、サムは独奏スタイルでハンドパンの可能性を引き出す。マヌはどこかエレクトロで、サムはどこかアコースティック。その演奏スタイルは、ギターでいえばマイケル・ヘッジズに通ずるような独創的な超絶技巧。その奏でられる旋律はオリエンタルでオーガニックなにおいを漂わせる。なんだか優しい気持ちになれるヒーリング効果があるような。

Sam Maher – Momo’s | A Take Away Show

そんな Sam Mahe と Manu Deluged だが、先日2人のセッション動画が公開された。

Sam Maher & Manu Delago – Whitechapel | A Take Away Show

1日の終わりに部屋を真っ暗にして爆音でずっと聴いていたい。

Metromonk
Manu Delago
Tru Thoughts
Release: 2017/01/27

Amazon iTunes


この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい