アイドルのラスト、今日このごろ

ここ最近、いろんなグループのラストコンサートがありました。

胡散臭さとハッピー感が共存する至極のエンターテインメント

先日、『清 竜人25ラスト♡コンサート』に行ってきました。

ラストに相応しい素晴らしい内容。このグループの特異感とでもいいましょうか、アイドルなんだけどアイドルっぽくない感じ。竜人本人の胡散臭さは言わずもがな、夫人たちの歌もパフォーマンススキルもすごいわけじゃないんだけど、エンターテインメントショーとして成立させるハッピー感は絶対他では味わえない。以前、松井玲奈さんがこのグループを「モーニング娘。を引き連れてつんくさんが歌って踊る」なんて例えていたのがいい得て妙で頭に残っていて。カールスモーキー石井がシュークリームシュ従えてるとか、この手の構図ってわりとアリそうなんだけどすべてが斬新。夫人たちがバックにならない、けど、引き立て役でもあり、竜人がいちばんおいしいところを持っていく、という関係性は見事だなぁ、なんて改めて思いました。

全楽曲やりましたけど、やっぱいい曲多いな。基本的にメロディが複雑だよね。

この曲のインパクトは凄かった

夫人のみなさんは今後どうするのだろう?なんて思っていたのですが、亜美さんは思いの外早く再スタート切りましたけど。他の人はどうするでしょうか?咲乃さんとか、咲乃さんとか。

WIFE(CD+DVD)(初回限定盤)
清 竜人25
トイズファクトリー
Release: 2017/04/17

Amazon

Buono!10年の幕引き

ちょっと前になりますが、『Buono!ライブ2017 ~Pienezza!~』に行ってきまして。このような記事を書きました。

ここに書いたことがすべて。事前に“ラスト”を謳っていたわけでもなかったけど、最後までそれを公言しなかった。でも、今日がラストであることを誰もが感じ取った。お涙頂戴の感動演出ではなく、雰囲気でそれを伝える演出というか。それはとてもとても素晴らしいラストでした。

自分としては、昨年の武道館で解散を覚悟していたところもあったし、活動云々よりもまた同窓会みたいにいつかライブやってほしいな、くらいの気持ちではいたので、感慨深いところはあったけど、そんなに悲壮感も喪失感もなかったし。やりきった感は充分に伝わったし、感謝しかないです。

℃-uteのラストは観てないし、というか一時期から離れてしまったんですけどね。とはいえ、昔はベリキューだ、モベキマスだ、あの頃はBerryz工房共々ハマっていたわけで、いろいろ感慨深いものがあります。

べつに今のハロー!プロジェクトがどうの言うつもりはないのですが、つんく♂もBerryz工房もいなくなって、℃-uteも、そして嗣永桃子までもが……。一時代が終わろうとしているというより、自分の好きなハロプロはもうないんだなぁと。

Buono!ライブ2017~Pienezza!~(初回生産限定版) [Blu-ray]
Buono!
ZETIMA
Release: 2017/09/13

Amazon


この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい