サザン、サイケ、ブルース……アメリカンでワイルドなバンド

アメリカらしいワイルドさ、ガッツリとした骨太ギターが気持ち良いバンドをサクっと紹介。

Professor Colombo

Professor Colombo – “Dance With The Devil”

軽快なアンプリファイドのハーモニカとザクとキマるギターが心地良いナンバー、カリフォルニア州ハンティントンビーチから、Professor Colombo(プロフェッサー・コロンボ

Eric Roebuck(Vo)のナイスガイっぷりも素敵ですが、Eli PetersのハーモニカとHenry James(Gt)のバトルがイカしてる。

Eliは、ギター、バンジョー、ヴァイオリン、オルガンをこなし、Henry Jamesはドラムを叩いたりとマルチプレイヤー揃い。

PROFESSOR COLOMBO – “Realize” (Live at JITVHQ in Los Angeles, CA 2017)

先とは打って変わって、ギター3本による混沌としたセッション的なナンバー。

Professor Colombo
BANDCAMP FACEBOOK TWITTER

The Texas Gentlemen

The Texas Gentlemen – “Habbie Doobie” [Official Video]

バンド名がすべてを物語っております。カラッとしたギターとピアノ、そしてアルマジロ。ん?アルマジロ?

The Texas Gentlemen – “Shakin’ All Over”

The Texas Gentlemen
WEBSITE FACEBOOK

The Picturebooks

THE PICTUREBOOKS “I need that Oooh”-Official Music Video

吼えるスライドギターにどっしりとしたリズム。いかつい男2人がいかついブルースを奏でる。デルタブルースのヘヴィなサウンド解釈はWhite StripesやBlack Keys好きにもおすすめしたいロックデュオ。

The Picturebooks – Zero Fucks Given

いかにも「アメリカン!」なにおいをプンプンさせるThe Picturebooksなんですが、実はドイツのバンドです。

The Picturebooks
WEBSITE FACEBOOK

Frankie and the Witch Fingers

Frankie and the Witch Fingers – Sunshine Earthquake

最後はLAからサイケでポップな4人組、Frankie and the Witch Fingers
イントロ聴いただけでアガるだろ。

Frankie and The Witch Fingers “Get Down” Live at the BlindBlindTiger Speakeasy

チープさを逆手に取ったようなサウンド&ポップセンス、The 13th Floor Elevatorsを彷彿とさせるすげーイイバンド。

Frankie and the Witch Fingers
BANDCAMP FACEBOOK
Brain Telephone
Frankie and The Witch Fingers
Permanent Records
Release: 2017/09/15

Amazon

いいね ! しようぜ
更新通知が届きます

この記事をシェア
関連記事<広告>

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい