サイサイくまさんツアー初日がいろんな意味で天下一品だった

なんかきたぁー

メガスマッシュ × SILENT SIREN 【ODOREmotion】 MUSIC VIDEO

こういうサイバー感あってチープ、みたいなの大好き。それにしてもみなさんフォトジェニックすぎやしませんか? 吉田のすぅさんがイケメンすぎて、、、生きるのがつらい。前にヴィジュアル系バンドのメイク&衣装でライブやったことがあったけど、似合いすぎてたよなぁ。バチっとキメたサイサイも好きです。

サイサイくまさんツアー

先週は、そんなサイサイちゃんのくまさんツアーこと、『SILENT SIREN LIVE TOUR 2018〜”Girls will be Bears”TOUR〜』初日行ってきました。@横浜ベイホール。

ベイホール、ものすごい久しぶりにだったんだけど、こんなに柱が邪魔だったっけ? と思うほど邪魔すぎて笑った。16:9がデフォルトの現代のご時世に、強制的に4:3の視界にされる気分だった。場所取り肝心。

内容に関してはツアー始まったばかりなので、詳細は伏せておきますが。簡潔にに表すと、

  • 楽しい(いつものことだけど
  • 衣裳がすばらしい(いつものことだけど
  • 迷彩女子っていいよね(とくにひなんちゅがそこはかとなくエロい
  • あいにゃんのベースラインがエグい(「さよなら日比谷」の生で聴く破壊力

などなど。

先日、「『GIRLS POWER』が最高だ、初回盤のボーナストラックがいい」だなんて、つらつら書きましたが、それをメンバーが読んだんじゃないか!?(なわけない)って思った内容でした。

[kanren id=”16141″]

頻繁に観てるはずなのに、観るたびに腕を上げてるバンドなんだけど、今回もまたそう思った。山内のあいにゃん、ルックスはますます若返ってるし、ステージ上でもキラキラ笑顔振りまきながら動きも活発になってるんだけど、反面でプレイのほうは、フレーズもグルーヴもどんどんエグくねちっこくなって、おっさん化してる(褒めことば

ベース・マガジン 2018年2月号

あ、そうそう今更ですが、ベースマガジン2月号のあいにゃんが無敵なのです。
「ベレー帽+コート+アンティグアプレベ=ゆうしょう」なのです。

そして、“歌って踊れるキーボートディスト”といえば、森岡賢か黒坂優香子 なわけだけど。そんな黒坂のゆかるんが音づくりもプレイもどんどんオルガン奏者寄りになってきているので、おじさん嬉しい。

サイサイマジック

“何かが降りてくる”瞬間とでもいいましょうか、ライブ終盤のラストスパート時にバンドマジック的なものが巻き起こりまして。明らか会場全体が一気に惹き込まれる瞬間があったんですわ。めっちゃ鳥肌たったわー。本人たちのコンディションはもちろんだけど、オーディエンスと会場の空気、それらすべての相乗効果がないとダメなことだし。「今日はめっちゃいい雰囲気だなー、いいライブになるなー」というのはライブのアタマから感じてたんだけど。他バンド含めてバンドマジック的なものに立ち会えることなんて、生きていてそうそう味わえるものじゃないので、貴重な体験をしました。紛れもなくこれまででベストアクトでした。

そして、アリーナだろうがライブハウスだろうが、音響がすばらしいなと。歌も鳴り物も細かく鮮明に聴こえる日本屈指のPA音響は、長渕剛とハロー!プロジェクト、そしてSILENT SIREN。

あ、この日初披露された「天下一品のテーマ」がかなり中毒性高い曲だった。

今回のツアー、天下一品がスポンサーになってるけど、ベイホールの、あのいかがわしい赤絨毯の階段に飾られてる赤提灯がいい味出してました。写真撮り忘れたーと思ったら、オフィシャルがちゃんと押さえてた。

私、自分から率先してラーメンを食べない人間なのですが、サイサイのおかげで洗脳されてきたので今度行ってみようと思います。天下一品好きのミスター・グルテンフリー SUGIZO氏のように、“麺抜き”で頼めるようになったら本物かしら。

そういえば、以前ひなんちゅが「天下一品は“天一(てんいち)”と呼ばれるのを嫌います」と言ってた。吉井和哉が「私は“イエモン”と言わない」っていうのと似ているね。

5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017「新世界」日本武道館 ~奇跡~(初回限定盤) [Blu-ray]
SILENT SIREN
ユニバーサル ミュージック
Release: 2018/03/07

Amazon Rakuten

いいね ! しようぜ
更新通知が届きます

この記事をシェア
関連記事<広告>

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい