アイドル vs ヴィジュアル系 異種戦イベントってやっぱりいいものですね

Berryz工房とjealkbの「やれんのか!!!2MAN企画 アイドル VS ヴィジュアル系 渋谷編の巻 ~INOUEISEKI SP~」に行ってきました。

Berryzは他アイドルグループとイベントやるよりも畑違いのロックバンドあたりと対バンやるほうが面白いし、絶対ウケがよいと思うし、以前、撃鉄とピコと共演したイベントがあまりにも楽しかったので。

特にヴィジュアル系とは絶対相性良いと思ってたし、ましてやjealkbだなんて面白くないわけないだろなんて。ヴィジュアル系とアイドル界のイロモノ対決。

いざ始まってみたら想像を絶する凄いイベントだった。終演後もニヤニヤが止まらないくらい楽しかった。
相性が良かったってのもあるけど、世の中の対バン系のイベントってなんなのだろう、と考えてしまいました。アイドルとバンドの異種戦は好きだけど、最近は狙い過ぎ、色々と露骨過ぎる対バン増えてるからさ、話題にはなってるけど実際の現場はそこまで盛り上がってないというのも少なくない。

内容に関してはは色んなまとめサイトにまとまってるし、そっちのほうが面白いと思うので。このあたりとか。

 追記:主催者のH.I.Pにもレポが上がってました。
 
  >>Berryz工房 vs jealkb LIVEREPORT | H.I.P

ベリヲタってやっぱり素晴らしいですね

私がBerryz工房を好きな要素の一つに「ヲタ・ファンのノリが好き」っていうのもありまして。全力で楽しもう精神。突拍子のない企画にしても今回のような異種対バンイベントにしても、相手を知ってる知らないはどうでも良くて、とりあえずひたすら盛り上がっちゃう、楽しんだもの勝ちなんだという心意気。

そもそも自分たちのこと「ベリヲタ」って呼んでる時点であれだしな、とうとうこの日、「ベリヲタ」がある意味公式化?しちゃったという、、、
だからjealkbにしてもやりやすい環境だったんじゃないのかと。男声が鳴り響く環境も普段はそう滅多にないわけだし。ロックバンド同士の対バンだと、ファンは自分のお目当てバンド以外は冷ややかに見るというか、特にヴィジュアル系はそういうの露骨だから。

jealkbはイベントで数回観たことあるだけで、ワンマンは観たことないので偉そうなこと言えないけど、やっぱり“ああいうバンド”だからイベント系だと浮いちゃう場合が多いんですよね、喋りはプロだけど、ほら、そういうのがキライな人もいたりとか。
そういった意味で今回はjealkb得意のキレキレのMC・煽り・サービスとベリヲタ独特のノリの良さが科学反応を起こした夜でした。セトリも解りやすい選曲だったし。それにしてもhaderu流石だなー、色々凄かった。久々というのもあったけど、jealkbってこんな良いバンドだったっけ?

jealkbファンも良い意味で誤算だったんじゃないでしょうかね、アイドルファンなんて正直そんなに良いイメージじゃなかっただろうし。Berryzに対してもアイドルに対するもの珍しさと、ももちの知名度による興味本位程度だっただろうし。でも最初にjealkbがやって、ベリヲタ勢が率先して異様に盛り上がっちゃったから、こんなノリのヲタがいるアイドルグループってなんなんだろ?という感じになってたかと思います。だからBerryz始まってもロビーに出て行っちゃうようなジュアラーは居なかった。

そんなjealkbのライブを受けてBerryzも凄かった。ベリって“良い加減にいい加減”というか、おいしいとこだけ持ってっちゃうタイプというか、ダンスなんかでも一糸乱れぬパフォーマンスというタイプじゃないし。

でも今回は完全に気迫が違ってた。ドアタマ『愛の弾丸』での菅谷さんの歌い出し「あ〜いの〜 だんがんっ〜!!」の一言で「うおー、なんかいつもと違うぞ」と。PAも生バンド音圧に対抗すべしと、いつものハロプロ優等生高級ミックスじゃなくて、低音増強のコンプガチガチの暴力ミックスで。たまにこういう外音いいよな、ハロプロは普段のコンサートが音良過ぎて感覚麻痺しちゃうから。逆にそういう部分ではステージ上は歌いづらそうな感じもあったけど、負けじと声出してるの様子がいつになくすげーロックでカッコよかった。

バンギャルとアイドルって相性良いと思うんだけど

ヴィジュアル系、バンギャルって普段から「私、女性ヴォーカル聴かないし」と言ってる人が多いんだけど、そこに別に決まった理由や根拠など存在しなくて。基本、女性って男以上に同性好きじゃないですか、キレイな人やカワイイ女の子は好き。だからバンギャって意外と女性アイドル引っ掛かる要素あるんですよ、きっかけが少ないだけ。
女性ヴォーカル聴かない割には「Coccoと林檎ちゃんは別格」で。でも何かそういう鬱ロックに疲弊してしまった矢先、Perfumeは好きだったり、突如ももクロにハマるバンギャが増えたり。そもそもV系が好きな時点でアウトサイダー要素満載なので、王道なAKBには行かない人が多いわけ。だからハロプロ含め、きっかけさえあれば、特にBerryzは良い意味で“おかしいし、変わってる”から、ギャにウケる要素沢山あるんじゃないかなと思ってます。歌やパフォーマンスに関してもアイドル界ではスバ抜けてますし。

終わったあと、ベリ初見だったギャの人たちと色々話したけど、「ベリすげー、ベリヲタすげー」「ベリ面白いから仙台貨物と一緒にやるの観たい!」って褒めてんだかなんだか解らないことで意見一致してた。金爆という発想じゃないところがいかにも30代の集い 爆
個人的にはcali≠gariとやって欲しいんだよな、絶対相性良い。青さんとももちの絡みとか、石井さんと夏焼さんのおしゃれ対決とか。村井研次郎氏も『一丁目ロック!』でベース弾いてるし、無関係ではないでしょ。

jealkbもBerryzも演ってる側も観ている側もみんな本当に楽しそうでステキなイベントでございました。

この終演後の観客のコールがすべてを物語ってる。お決まりの「Berryzいくべ!」に「jkb!」コールが重なっていって、、、

つーか、メディアの取材どこも来てなかったんだな、、、もったいない、、、

Berryz工房「cha cha SING」フラッシュモブ (屋内編Full ver)

この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい