ちょっとおかしいんだけどそれ以上にカッコイイバンド特集

聴いてるだけで無条件にテンションアガる音楽ってあるじゃないですか。
コミックバンド的なおふざけ要素もあるんだけど、それ以上に音楽性や演奏技術で圧倒されちゃうような。

ジャンル含めて、ちょっとおかしいんだけど、それ以上にカッコイイ、そんなバンド。

●●●

Terry Poison


イスラエルのバンドですが、フランスのレーベルからリリースということでフレンチエレクトロ風味な感じ。
ちょっと前のアルバムなんだけど、ひょんなことから思いだし、改めて聴いて見たらこれカッコイイぞ。当時はTing Tingsやあのあたりのガーリーなシャレオツエレポップ流れで日本でもそこそこ宣伝やってたはず。実際受け入れられたのかというと別なんだけど。
スク水着てたり、一見色モノっぽいけど様々な音楽要素を取り入れて洗練された上質なエレポップやってる。

Terry Poison – Smack Snack [OFFICIAL HD]

いかにもフランス的なMVです。ヴィヴィットな色使いといい、おバカなんだけど可愛くスタイリッシュにまとまってる。

Terry Poison
FACEBOOK TWITTER
Terry Poison
Terry Poison
Terry Poison
Release: 2010/07/11

Amazon MP3 iTunes

●●●

Risha


ロシアの3人組インダストリアルメタルバンド。
このバンド、例えるなら「NINに合わせてコサックダンス踊る」というような、インダストリアルにロシア民謡をのせるというある意味変わったバンドなんだけど、Prodigy『Smack My Bitch Up』とのマッシュアップ曲があまりにダサカッコよくてピロシキ吐いた。

Risha — Russian folk vs the Prodigy
Risha “Птаха” (эфир на Дожде, программа LIVEНЬ)

今時ロングコートでギター弾くなんてJohn 5だってやらねーよ!というところは置いておいて。
シーケンスに乗せてヘヴィなギターリフでキタキタ!というところで歌入ってズコーっと。
このバンドはベースボーカルのIrina”Rishafox”Lvova嬢の無表情で「ィヨッ」「ニャッ」という日本民謡に通じる節回しに萌えることが出来るかっていうのが肝なんじゃないかと。それにしてもベース凄い音してるな。弦高低めでツイーター鳴らしてるようなミクスチャーロック独特のベース音。
この映像だと何か音があれだけど音源はもっとちゃんとしてます。

最初この声がなぁ、なんて思っても何回か聴いてると中毒性かなり高い。
シーケンス+ヘヴィギター+女性Vocalっていうのは一昔前、神楽坂ディメンジョンあたりでよく見かけた編成だけど、最近は見なくなったなぁ。HAL FROM APOLLO 69的な。

Reto
Risha
Nikitin
Release: 2011/11/24

Amazon MP3 iTunes

●●●

DIABLO SWING ORCHESTRA

メタルバンドにチェロ、トランペット、トロンボーンがいるっていうだけでゾクゾクしませんか。
DIABLO SWING ORCHESTRA(ディアブロ・スウィング・オーケストラ)はスウェーデンの7人組バンド。悪魔がスウィングしてます。変態バンドです。一部のコアなメタルファンから「なんだこれ!」状態で話題騒然でございます。
ザクザクの弦楽器リフにホーンセクションが絡み、オペラ調の男女ツインボーカルが乗る。正直言ってメチャクチャカッコ良過ぎるんですけど。
MVというかリリック映像もセンス抜群でございます。

Diablo Swing Orchestra — Voodoo Mon Amour

セッションリスト見ると、トロンボーン/トランペット/チェロ/ヴァイオリン/ヴィオラ/コントラバス/フルート/クラリネット/オーボエ/ホルン/ティンパニ/マンドリン、、、ビッグバンドどころかオーケストラレベルじゃないか!
何よりもドラムがメチャクチャ気持ち良いわー。ギターリフがザクザクでタテノリなのに、ちゃんとヨコノリ保ってるし。ハネ具合、スネアの音色含めたスコッというハマり方といい、ミックスもドラム大きめで気持ちよい。

DIABLO SWING ORCHESTRA
FACEBOOK TWITTER
Pandora’s Pinata
Diablo Swing Orchestra
Sensory Records
Release: 2012/05/22

Amazon

●●●

Shaka Ponk

母国フランス界隈ではかなり人気を誇ってるバンド、Shaka Ponk(シャカ・ポン)
筋肉隆々上半身裸で全快におバカなミクチャーロックが最高です。濃そうな男連中に交じっての紅一点アフロヘアヴォーカル、Samaha Sam(サマンサ・サム)の存在感も凄いです。

ヘヴィロックが一般化しない時代のミクチャー、それこそ『母乳』の頃のレッチリのおバカノリに通じるものがあったり、Jane’s AddictionにSkunk Anansie突っ込んだみたいな。と思ったらSkunk Anansieと一緒にやったりしているようだ。
アメリカでもライブやったりしてるんだけど、日本での知名度はほぼないのがもの凄い勿体ない、というか不思議。来日、それこそサマソニあたりに出たら凄い盛り上がると思うんだけどなぁ。

Shaka Ponk – Let’s Bang [NEW OFFICIAL VIDEOCLIP]

アフォだ!アフォだ!こいつらアフォだ!最高だ!

時折挟み込まれてる日本語、、、突っ込みどころ満載なのでいちいち触れませんが。意味解って使ってるのかなぁ。
ヴォーカルのFrah(フラー)が元ウェブデザイナーらしく、MVも編集してるらしい。CGというよりもFLASHアニメっぽい微妙なチープ感が◎
他MVも面白いのでお勧めです。
オフィシャルサイトは何か凄い作りになってます。

Geeks & the Jerkin Socks
Shaka Ponk
Tot Ou Tar
Release: 2012/05/15

Amazon iTunes


この記事をシェアする
follow us in feedly

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい




  • Monkey

    こんにちは。

    >ギターのFrah(フラー)が元ウェブデザイナーらしく、MVも編集してるらしい

    シャカポンクのフラーはフロントマンでヴォーカル担当ですよ!ギター担当の人はCCって名前で初期からずっといるメンバーですね。リーダーのフラーがウェブデザイナーだった過去と、シャカポンクのオフィシャルウェブのデザイン、PVの作製、CGまで全部やってるのは間違いないです!

    日本でも知られてるのかなーなんて思ってシャカポンク経由で来ましたけど、他のバンドも面白そうのが多いですね!
    記事ありがとうございます。これから他のも読んでみます。

    お初で突っ込みコメント失礼しました

    • fuyu_showgun

      あ、大変失礼致しました。。。
      ご指摘ありがとうございます。

      日本ではまだ知る人ぞ知るっていう感じですよね、
      結構日本でもウケそうな音楽とキャラだと思うのですが。
      フェスとか出たらいいのになぁ。