RiL イカしてる男女が暴発する、町田発ガレージロックデュオ

あまりのカッコよさに失禁しかけた、、、

RiL – IGGY & BIGGIE

欧米では結構見るけど、日本ではあまりいないギター+ドラムのロックデュオ編成。大好物です。ベースが居ないぶん、1対1のタイマンっぷりがいいんだよ、このスタイルは。

RiLはShusei(Gt, Vo)、Urara(Dr)という男女2人組。おれたちの町田発バンド。ガレージを通り越したようなファジィなギターと乱れ打たれるドラム。どこか漂うハードロックの香りが日本人離れした印象を加速させる。ちょっとイッちゃってるロックにーちゃんと、思いっきり振りかぶって暴力的なリズムを叩きだすフォトジェニックなお嬢さん、という2人のビジュアルも最高。上記曲「IGGY & BIGGIE」3:20〜ちょっとした“間”で右脚をバスドラに乗せるUrara嬢にものすごくグッとくる、たまらん。それにタイトルは、Iggy PopとBiggie(The Notorious B.I.G.)でしょ、イカしてるぜ。

RiL – LOSER (I need you baby) – [YouTube Music Sessions at FUJI ROCK FESTIVAL’18 “ROOKIE A GO-GO”]

この手のバンドは「テクニックなんて関係ないぜ!」という心意気が多い中、RiLはキラリと光る、技術の高さを垣間見る。ちゃんと演奏できるのに、ちゃんとは演奏しないカッコよさ、とでもいうべきか。パワーとスリリングさの共闘が美しい。

2018年1月に活動したばかりでありながら、3月に<Vans Warped Tour Japan>、7月には<FUJI ROCK FESTIVAL ’18>“ROOKIE A GO-GO”に出演という快挙。

元々、ShuseiはROARというロックデュオで活動。2016年4月アメリカツアー、2017年5月イギリス、フランスツアーを経験。1st EP『1st』で全国デビュー。その後、ドラマーの脱退を経て、Urara(Dr)ともに、新バンドRiLとして活動を開始する。

海外仕込みのライブ運びはさすが。Shuseiのアブない感じもすこぶるカッコいいけど、「女性版デイヴ・グロールかよ!」と思うほどのUrara嬢。愛想よく笑顔振りまきながらも、こんなにもド派手で豪快なドラミングかます女性ドラマー、そうは居ないぞ。え?Urara嬢ってまだ高校生なの?!マジかよ。

12月にミニアルバム『iii』をリリース。レコーディングエンジニアに藤井亮佑氏(Suchmos、Czecho No Republic)を迎えた本作は、会場限定販売の予定が話題を呼び、一部タワーレコード(タワーレコード渋谷店、新宿店、池袋店、川崎店、横浜ビブレ店、町田店、京都店、梅田NU茶屋町、梅田丸ビル店、なんば店)と大阪FLAKE RECORDSで販売されている。

間違いなく2019年最重要バンドだな、これは。

iii
RiL
UNCROWN RECORDS
Release: 2018/12/12

TOWER

いいね ! しようぜ
更新通知が届きます

この記事をシェア
関連記事<広告>

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい