The Pearl Harts, The Velveteers グランジィな美女はベースレスで爆音

透明感や可愛らしい音楽を奏でる女性は素敵ですが、爆音をかき鳴らす女性も素敵。

ということで、爆音ギターな美女たち2組を紹介。

The Pearl Harts

英ロンドンのステキ女子2人組、Kirsty Lowery (lead vocals, guitar), Sara Leigh Shaw (drums, vocals) による The Pearl Harts(パール・ハーツ

The Pearl Harts – Hit The Bottle (Official Video)

イマドキなキューティーガールのクセに音は爆音。「ステージ上では巨人に見える小さな小さな女の子……アイスクリームのためにあなたの家を破壊する」なんていうキャッチコピーも最高。サウンドもコンセプトもDIY精神のこだわり。パンキッシュながらもそこに一辺倒なわけでなく、グルーヴィなロックンロールとハードロックテイストのリフが綿密に絡み合っている。

The Pearl Harts – Different Kinda Girl

先日リリースされたシングル「Different Kinda Girl」および、今年2月にリリースされ最新アルバム『Glittr and Spit』では、ドラム、ギター、そして歌というアンサンブルがこれまで以上に無駄を削ぎ落としたストイックさを見せ、アナログ感が増した音像もその魅力を浮き立たせている。こんなインスタ女子が飛び付きそうなジャケットなのに、実際の音は、、、っていう。

THE PEARL HARTS – GO HARD (LIVE AT THE TROXY)
The Pearl Harts
WEBSITE APPLE SPOTIFY
Glitter and Spit
The Pearl Harts
Double Bang Records
Release: 2018/02/23

Amazon iTunes

●●●

The Velveteers

こちらは打って変わって、妖艶な大人の女性という雰囲気の Demi Demitro おねぇさま率いる米コロラド州ボルダー出身の The Velveteers(ヴェルヴェッターズ)

The Velveteers- Summit Music Hall

こちらもベースレススタイルながら、おっさん2人、John Demitro (Dual Drums), Adrian Pottersmith (Dual Drums)… ん? Dual Drums? ドラムが2人。エグいエグすぎる。

The Velveteers play “Just Like the Weather” at CPR’S OpenAir

そして、Demiおねぇさまが弾いてるのはバリトンギターですな。ギターより低く6弦ベース(Fender Bass VI など)より高いバリトンギターはスケール含めいろいろありますが、これはEastwood Guitars Sidejack Baritone DLX (日本未発売)ですね。28インチ。曲によって通常のギターと使い分け。独特のローチューニング感とファズトーンが艶っぽいヴォーカルと相まって怪しさ倍増。

The Velveteers
FACEBOOK APPLE SPOTIFY
The Velveteers
The Velveteers
The Velveteers
Release: 2018/02/07

Amazon iTunes

いいね ! しようぜ
更新通知が届きます

この記事をシェア
関連記事<広告>

どうせ何か買うならココ↓踏んでから買ってくれるとうれしい